専門家コラム

2018年11月05日

剥がれがおきるタイミング

外壁塗装の塗料について各塗料メーカーは、製品ごとに基準塗布量や適切な塗装方法を決めています。
たとえば、塗料を水またはシンナーで希釈する場合の比率、硬化剤と混合する場合の塗料と硬化剤の比率、塗料の量、塗装回数、塗装後、次の塗装に入るまでの乾燥時間など指定は多岐にわたります。
こうした規定を守り、均一にムラなく塗装することで、塗料本来の性能が発揮できるわけです。この「本来の性能」には、当然、耐用年数も含まれます。

先日にお話したチョーキング現象は、太陽の紫外線の影響で塗装面の中にある樹脂が分解して起こるものです。
チョーキング現象が現れたと言っても、早急に塗り直しが必要とは言えませんが、放置しておくと、塗装の剥がれや、浮きにつながります。

チョーキング現象が現れてからどのくらいの期間で塗装の剥がれや浮きが生じるかについては、前回の塗装時期、使用塗料などのデータと現状を調査して判断することになります。

facebookでシェア twitterでシェア

まずは無料相談からどうぞ。
ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから…
(代表親方 小口哲司)

Copyright(c) 株式会社アイビーリフォーム. All Rights Reserved